アンガマ 石垣島の旧盆(ソーロン)

昨日まで石垣島に行っておりました。
今回の目的の主は、旧盆のこの時期、石垣島で行われる伝統行事を見ること。
季節モノは早いうちにUPしたほうがスッキリするので、旅の順番を無視してホットなこの行事の記事から参りましょう。

旧暦の7月13日~15日。
この日は八重山ではソーロンと言われる3日間、旧盆です。
今年は8月25日~27日がその日にあたります。
沖縄全土でご先祖様をお迎えする行事が行われます。
八重山地方の、石垣島で行われるのがアンガマです。

グショー(後世)から訪れた精霊の一行で、クバのうちわを手にしたウシュマイ(お爺)とンミー(お婆)が、ファーマー(子や孫)をたくさん引き連れて家庭やお店を回り、踊りや珍問答を繰り広げる行事。
登野城、大川、石垣、新川、大浜、平得、真栄里の各青年会がそれぞれの地区で行うのだそうです。
旧盆の前日に地元の八重山毎日新聞に青年会ごとのスケジュールと行程が載るので、それであらかじめ場所と時間をチェックしてその現場へと向かいます。

僕が向かったのは、石垣地区の1軒の民家。
お宅に到着したのはもう始まった後です。
入り口にいた方々に「お邪魔してもよろしいですか?」と訪ねると「どうぞ~」と快く通してくださったので、遠慮なくお邪魔させていただきます。
お庭は見物人で溢れていました。
画像

やってますね~。
ウシュマイとンミーがいます。
ファーマーは思ったより人数が多いのですね~。

ウシュマイとンミーは裏声で話をしています。
しかも八重山の方言で。
なかなか聞き取れません。難しい。。
グショーの話をしています。

「あいっ!ンミー!ンミー!」
観客からンミーに声が掛かります。
この観客も裏声で話しかけます。
「ウチは貧乏で仕方がないんだけど、グショーには金の成る木はあるのですか?」
その声にンミーが答えます。
画像

「グショーにはよ~、金の成る木っていうのはないけどよ~、お金がたまる3つの木があるのだよ~」
ずっと声は裏声です。
「一つはよ~、やる木(やる気)だよ~。」
「もう一つはよ~、働く木(働く気)だよ~。」
観客「もう一つは何~?」
ンミー、暫く考えて
「・・・最後の一つは儲ける木(儲ける気)だよ~。」
ンミー曰く、儲けようという気がないとお金は入って来ないそうですよ。

振られた質問に機転を利かせてウシュマイとンミーは答えていきます。
コミカルな返答を観客も楽しみます。

画像

ちょっと驚いたのは、ウシュマイとンミーが水?(お酒かもです)を飲んだり、タバコを吸ったりすること。
僕は見られなかったのですが、「酒もってこい~!」とか言ったりするそうなのです。

ただ、やっぱり暑いのでしょう。
こっそり面の下に手ぬぐいを入れて顔をふいたりしてるのを見ちゃったりしました。

画像

NHK沖縄のテレビカメラが来ていました。
翌朝の沖縄県内ニュースでちゃんと流れていました。
放送したのは先ほどの金の成る木のくだり。

しかしなんとも印象的だったのは、このお宅の方が本当に嬉しそうにアンガマを見ていたこと。
オバアがお二人(多分ご兄弟で、お一人は寝たきりかと・・)いらしたのですが、本当に嬉しそう。
きっと、家にアンガマがやってくるのがとても誇り高いことなのでしょう。

最後に家を出て行きます。
一つの場所で約1時間程度。
一行は次のお宅に向かいます。
ここで大スクープ。
よっぽど暑かったのか苦しかったのか、家を出たあとンミーが面を顔から外しちゃいました。
さすがにカメラは向けませんでしたけれど、「絶対にこの面は終わるまで外さないもの」というこちらの勝手な思い込みがあっただけに、ビックリしてしまいましたね。
画像

次の場所が遠かったからでしょう・・・
みんなでバス移動とはなんとも微笑ましいですね。
「トイレ行きたい人~?」なんて声も飛んでたり(笑)
ファーマーも便意には勝てません。

旧盆は今日(8月27日)まで。現在午後8時くらいですが、今頃もウシュマイとンミーがお宅を回っていることでしょう。
今日の23時59分。
そこでご先祖様もグショーに戻られ、今年のソーロンも終わります。

実はもう1箇所アンガマを見に行ったのですが、長くなってきたので2回に分けてのご紹介にします。
次回はアンガマパート2です。

沖縄人気blogランキングへ
沖縄情報大混雑!沖縄ランキング@おきなわがどっとこむ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月27日 23:26
石垣に行ってたのですね~!
こういう伝統行事があることを知りませんでした。
でも知っていたとしても、間近で見るのと
なんとなく知っているのは違いますよね。
おうちでこういう行事をやるというのもすごいなあ!
迫力も違うのでしょうね。
音が聞こえれば、私も完全に行った気分になっていそうです!
2007年08月28日 10:14
是非一度見てみたかったんですよ~。
ご自宅でやるのが良いです。本当に皆さん嬉しそうでした。
音が伝わらないのは確かに残念。三線・太鼓の音が鳴り響いております。(想像でお楽しみください・・)
2007年08月29日 17:34
この行事は始めて知りました。いい情報をありがとうございます。
地域の伝統や先祖を思い敬う心や習慣はとても大切でそれこそ都会暮らしの私が学ばなければならないことだなあと思います。
2007年08月29日 18:27
アンガマのお面は石垣島のお土産屋さんではかなりの確立でおいてあります。普通の料理店や食堂にもかざってあったりするので、今度もし行かれたら見てみてください。
八重山の伝統行事を見たのは今回が初めてでした。他にも豊年祭や節祭などなど、良いお祭りがたくさんあります。
そのパワーや思いを感じて、なんとなくその土地のことが分かってくるのかもしれません。
特に先祖を大切にする沖縄の文化は、学ぶことが多いような気がします。

この記事へのトラックバック

  • 沖縄のお盆・・・

    Excerpt: はいさい!沖縄病患者に効く沖縄病の処方箋の「From A」やいびぃ~ん!沖縄のお盆・・・沖縄のお盆は、旧暦に行われ夏の一大イベントの一つになっています。先週の土曜日から昨日までウンケー、ナカヌヒー、ウ.. Weblog: 沖縄病患者に送る沖縄病の処方箋 racked: 2007-08-28 15:00