桟橋 2度目 3度目 本当は4度目

観光スポットって・・・・う~ん、特に無いって感じなんですよ。
前回行ったけど・・・・う~ん、また行こうかな~。
黒島の旅はそんなテーゲーな感じで行動します。
前回の記事では黒島灯台にリピート。
そして今回は桟橋にリピートです。
画像

海に続くガタガタ道ってすごく好きです。
開けてくる景色に対しての期待が大きく膨らんでいく感じが。
そろそろ見えてきます。
画像

おお~、来ましたね。
これだけの晴天。雲も良い感じ・・。
さぞやキレイな景観を見せてくれるでしょう。
さあ・・・
画像


伊古桟橋です~!
・・・でも、海が・・美しくない・・。
干上がってしまっています。
これはけっこう来てますね~。
画像

すごいな~。
この日は大潮。
時間はほぼ干潮に近い時間です。
海とは・・桟橋とは思えない。
まあでも、せっかくですから先の方まで行ってみましょうかね!

この橋、全長354メートル。
けっこう長いんですよ~。
その他詳しい情報などは前回来た時の記事に書いたので、よろしければ↓これをご参照ください↓
http://ra-menn.at.webry.info/200610/article_6.html
なんだか前回来た時と同じような写真ですね~、ここまで。
干上がっていることを除けば・・。

ズンズンズンと橋を歩いて行きますと、たまに水面がササっと揺れます。
画像

取り残されてしまった魚たち。
カニなんかも結構います。
生き物ウォッチングをしていくと、結構楽しい道程です。
しか~し、前方に異変が!!
画像

さ、桟橋の「道」が無くなってません??
近づいてみます。
ああ~、これはヒドイ!!
画像

完全に崩壊しちゃってますね~。
そして文字が・・「H18.9.18」
推測するに昨年の9月でここまで崩れたのでしょう。
そこからなんとか耐えているのでしょう・・
と思いきや・・さらに崩れてしまうの可能性が濃厚となるヒビ。
画像

うう~ん、さらに崩れそうです。どう見ても。
今は使われていない桟橋なので、お金を掛けてここを修復しても仕方ないのでしょうけど、こうやって崩れている姿を見ると寂しいですね~。
画像

354メートルの突端まで行けないこともないのですが、僕の体重で(かなり重め・・そう、かなり!)さらに崩落させてしまうのも悲しいので断念しましょう・・。

しかし・・こんなに干上がっていて美しくない姿しか拝めないのが少し悔しいので、この3~4時間後に再び訪れることにしました。
画像

なんか夕方に近づいたな~・・陽の感じと影の感じが。分かります??
果たして桟橋は美しい姿を見せるのか!?

・・・

画像

う~ん、先ほどよりは明らかに満ちてはきましたね~。
でも・・・もうひとつって所でしょうか?

この日だけで2回もリピートしてしまった。
実は前回記事を書いた時の前にも一度来たことがあったので・・これで合計4回訪れたのです。
夕方の時間に訪れるといつも人が多い竹富島の西桟橋と違い、こちら伊古桟橋はいつも人が少ないのでした。

沖縄人気blogランキングへ
沖縄情報大混雑!沖縄ランキング@おきなわがどっとこむ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月07日 23:13
すみませんちょっと笑ってしまいました^^海、けっこうきてましたね~(笑)3~4時間後の様子も・・・ちょっときてますね(笑)
崩れていく桟橋、離島らしさを感じますね。人が少ないのもまたいいです。
2007年09月08日 00:34
こんばんは(^o^)丿
……確かに「海だ!」的感動が得られにくい絵ですね(^▽^;)
でもまあ、手付かずの自然はこういうものではないかと。
桟橋の崩壊っぷりはアレですが、そういう場所にも魚やカニなどの生き物がいるのだと思うとちょっと和みます^^
2007年09月08日 11:34
はいたーい。流石に黒島は離島感じが色濃く残っている島ですねぇー。交通機関が発達して、いろいろな物が流通すると、観光客も増え、『ここ離島?』っていう島が少なくなっている昨今、有る意味、自然で良いのではないでしょうかぁー。島民にとっては、良し悪しですかねぇー。寂れていく様でねぇー(~~;)
2007年09月08日 14:58
>トゥマールさん
きてるでしょ~(苦笑)
晴れの美しい伊古桟橋に出会えると思ったのに・・
人が少ないのは決定的にGOOD POINTです。
のんびり離島気分も味わえますしね。
2007年09月08日 15:01
>かめこさん
確かに。
手付かずの海に修復の手が付けられない桟橋。
それもひっくるめて自然の景観(桟橋は作り物ですが・・)を楽しむことが出来ました。
小魚たちは本当にたくさんいましたね~。
2007年09月08日 15:03
>本Dogsさん
離島の空気が感じられますか~?
島民も、この穏やかな空気を大事にしている感じがします。
良いモノを守る、自分達の生活の場を守る。
そんな気分の良くなる離島・黒島なのでした。

この記事へのトラックバック

  • 伊古桟橋リベンジ

    Excerpt: 黒島に上陸したこの日。たったひとつだけテーマを定めておりました。 それは、伊古桟橋(なんのことはないただの桟橋・もちろん見学料無料)へ行くこと。 あ~ん?別に簡単じゃん!って感じでしょ? しかし.. Weblog: 八重山好きオッサンおもひで旅記 racked: 2007-12-07 18:51
  • シェフのお勧め!黒島の過ごし方・・偉大なるマンネリとともに

    Excerpt: 何度か来ている黒島。 八重山の中でも「何もない島」と呼ばれることも多いこの島ですが、だからこそ良い所もあり・・。 Weblog: 八重山好きオッサンおもひで旅記 racked: 2008-07-09 19:04