石敢當で曲がって海へ行く

暑い~~。
セミがすごい~~。
・・でも南国にいることを実感~~。
でもやっぱりあづい~~。
気だるい感じの黒島の午後。
ここは島の中心の集落。
画像

東筋(あがりすじ)という名の集落で東筋という名の道。
沖縄で唯一「日本の道100選」に選ばれているのがこの道です。
でも、選ばれた当時はこの道も未舗装だったのです。
今は立派な舗装道路となって、当時の趣は無くなってしまっています。
画像

日本の道100選の記念の碑(右)も、前にブログに載せたな~↓
http://ra-menn.at.webry.info/200604/article_11.html
と思いながら写真を撮っていると・・
ん?こんなのあったっけ?
写真の左側にご注目!
・・・石敢當です。
でも・・
名前が付いてる。
画像

泰山・・・??
これを見た時には「泰山」という名前だと思ったのです。
その後調べたところ・・

泰山とは・・・中国五大名山のトップであり、更に十大名山のトップでもある険しい山の名称。険しすぎて魔物も近づかない場所なのでとか。
中国の歴代君主は泰山へ封禅祭祀しにご光臨なさって、泰山の特有な山敬と石文化を形成したのだそうです。

石敢當ももともと中国の文化。それがここに反映しているのですね。
このように「泰山石敢當」と書かれた石敢當はたまにあるらしいのですが、僕は初めて見て、そして初めてこのことを知ったのでした。

さあ、石敢當にぶつかって前に進めないので横に折れて海へと向かいましょう。
画像

仲本海岸です。

八重山に行くという知人に「今度八重山行くけどシュノーケリングするならどこが良いか教えて?」
なんて聞かれても「黒島の仲本かな~」と答えておりました。
し、しかし~・・。
す、すみません。
実は・・・・・・・・ここでシュノーケルしたこと無かったんです。
ゴメンなさい!本当に。。

・・・これまで泳ぐ気満々でフィンまで持参で黒島にやって来たこと2回。
でもどちらの行程でも「悪天候」が立ちはだかり、僕の仲本海岸シュノーケリングをブロックされていたのです。
でもこの日はこんな快晴。僕を邪魔するものなどあるものか!

写真をご覧頂くと分かるのですが、この海岸は陸側の砂浜の部分と沖のリーフを繋ぐ浅瀬があるのです。この浅瀬は「ワタンジ」と言うのですが、干潮時(今まさにそう)にはリーフへの通路として歩いて行くことができるのです。
そして、ワタンジは数本連なっています。
ワタンジとリーフに区切られた内側はイノー(礁湖)と呼ばれ、なんと天然のプールの状態です。
そんなイノーは流れもないため小さい子供達でも安全に泳ぐことが出来るのです。
しかもここは魚も多いそうで・・
珊瑚もあるそうで・・
アウトリーフはまた別世界のダイナミックな海模様が広がっているのだと言います。
画像

さあ、数少ない日陰を基地にして・・早速準備準備・・。
画像

よ~し、ヤドカリ君行ってきます。
荷物、ちゃんと見といてね!
ではいざ~
画像

沖縄人気blogランキングへ
沖縄情報大混雑!沖縄ランキング@おきなわがどっとこむ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月08日 17:05
お魚さんいっぱいいるのって嬉しいよね。
海に行っていざシュノった時
お魚さんいないとガッカリするもんね。
アウトリーフの別世界 1度見てみたいっす
2007年09月08日 17:17
嬉しいですね~。
砂地なんかでたまに「アレっ!?」てことありますよね~。
珊瑚あるところに魚あり。
ここはどうなんでしょ?続きをお楽しみに!
2007年09月08日 22:16
はいっ!楽しみにしてます♪
明日もまた見に来ますね~
  ンガッ ンン(サザエさんかよっ!)
2007年09月09日 00:46
お、お~い!!そこで終わりって・・・^^;
次はインリーフ?アウトリーフ?楽しみにしてますね^^
2007年09月09日 02:16
石敢當にぶつかって横に折れたんですか?
チャンと石敢當の役目してますね。
2007年09月09日 07:51
シュノーケルなら私でもできそう・・・
ってあら、TVのドキュメントみたいな続きの仕方。

これは次回も見ないと・!
2007年09月09日 09:41
日本の道100選って、知りませんでした。
良い道ですね。なんか、原風景って感じがするなあ。
シュノーケルの話はどきどき、ある意味脳内トークしちゃってましたヨ^^;
え?この浅瀬を行くのか?その先は?ホント?と思っていたら、続きになってた(゜o゜)
2007年09月10日 10:18
>ケン坊さん
お楽しみに~♪
あっ、「明日」がもうとっくに過ぎてる・・。
 ジャンケンポン!ウッフフフフフ~。(ごまかしごまかし)
2007年09月10日 10:21
>トゥマールさん
お楽しみに~♪
妙な引っ張り方で申し訳なし・・。
2007年09月10日 10:23
>shuさん
そうなんですよ~。何故かまっすぐ進めず・・。
体が言うことを聞いてくれないの・・。
それでも無理矢理進もうとすると石ごと体も砕けてしまいそうな予感。
オッソロシイです~~この石。
2007年09月10日 10:27
>マスターさん
ここならシュノーケルも安心安全。
続きをお楽しみに!
・・ってまたまた~、マスターさんは僕のブログがネタを刻んで刻んで引っ張っていくの知ってるでしょ~?
ネタは小出しに。ストック確保!
2007年09月10日 10:30
>でらさん
沖縄で唯一の「日本の道100選」です。
舗装される前の東筋の写真を見たことあるのですが、それはそれは趣がありましたよ~。
今も悪いわけではないのですが・・。
シュノーケルは今日か明日には。
しかし皆さんにこんなに「続き」の仕方を突っ込まれるとは思わなかったです~。
2007年09月10日 16:13
はいたーい。最後の写真は、まるでジオラマを見ているようですねぇー。石敢當は、我が家にもセメントでくっ付いていますが、設置した時は、あまり意味が判ってなくってぇー(~~;)判った後には、後の祭り。もう外せないんです(涙)日本の道100選だけあって、誰もいませんねぇー。真っ直ぐだし(~0~)
2007年09月10日 16:27
ジオラマっぽいですね~確かに。
石敢當・・設置してしまったらむやみに外せませんね~。魔物が入ってきてしまうかもですよ。
東筋はいつも人がいません(笑)とくに日中はたまに車が走るくらい。やっぱり暑い最中に島の人は外を歩いたりしないのですね。
月収300万円男
2007年09月11日 14:24
こんにちは!

度々訪問してますがいつも面白いブログっすね!


毎回参考になります!!

よかったら僕のブログにも遊びに来
て下さいね。

応援ポチっと
http://ameblo.jp/kisekinosarariman

この記事へのトラックバック