テーマ:伊是名島

伊是名まとめ

なかなか行きづらい離島のひとつである伊是名島。 今度行けるのはいつになることやら・・・ という訳で今回で「まとめ」です。 一番印象的だったのはやはりこの木でしょうか。 集落を守るフクギの木立は島の生活とともにあるのです。 そりゃ道の真ん中にも生えますよ! 少ない滞在時間でしたが、お気に入りだったのが山の上にあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海から見た山 山から見た海

伊是名島の仲田港(メインの港・フェリーの発着場所)から島の外周道路を伊是名集落方向へと向かう途中、これを見つけました。 右の小さな石碑の方にはこんな言葉が書かれております。 「自然景観の復元のために不要な護岸の撤去を島の活性化のために祈念する」 ・・・ムムム。 そして左の大きな方の石碑には タアシ??その意味は分かりま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

伊是名集落の風景

伊是名島。 勢理客集落も良い雰囲気でしたが、やはり沖縄トラディショナルスタイルの集落は、「伊是名集落」です。 今回は伊是名集落を改めてご紹介。 前にも記事にしたように、この集落はフクギに囲まれております。 しかも、とても背の高い立派な木が多く目立ちます。 そしてサンゴの石垣も健在。 その趣からか、パイナップルツアーズ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

塀の低さ~に♪稲の青~♪

突然ですが、クイズです。 「勢理客」・・・さて、何と読みますか? 浦添市・今帰仁村、そして伊是名にもあるこの勢理客は地名なのです。 正解は・・・「じっちゃく」もしくは「せりきゃく」。 一般的な呼び方では「じっちゃく」なんですって! 難しいですね~。 さて、今回はその「勢理客」集落に出掛けてみます。 僕の宿泊した「伊是名」集…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金丸さんの歴史のお勉強

伊是名島は離島では珍しく稲作が盛んに行われています。 島のあちこちにある美しい水田を見ていると、ここが沖縄の離島であることを忘れてしまいそう・・。 フェリーの側面に描かれているこの絵、この人物。 誰だかお解かりになりますか? 正解は金丸さんです。 金丸さんと言っても・・・政界のドンと言われ、元自民党副総裁・副総理だ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

赤い陽を受けて、とことん遊ぼう!

本日22時よりNHKにて石垣島が舞台のドラマが放送されるそうですよ~。 「僕の島/彼女のサンゴ」というタイトルです。 水中撮影のシーンも結構あるらしい。 各局で環境やエコをテーマにしきりに番組を組んでいますが、このドラマもその一環なのだそうです。 石垣島といえば・・・ 石垣島の離島ターミナルと八重山の各離島を結ぶ高速船の値…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

海辺の画角

ピーカンに晴れていた日中は干潮で陸地が見えまくり。 ようやく潮が満ちてきた頃には天気も薄曇りでやや陽も傾いてくる。 まあ、得てしてこんなものでございまして・・・。 気温も徐々に下がり汗もかかなくなってきた夕刻前、浜辺へと向かいました。 僕が伊是名滞在中に見た浜辺の中で一番美しかったのがこの浜。 「マッテラ浜」という名前…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

飛行場のような・・でも実際は・・・

原付で島探索をしている途中「ブ~~~~~ン」という甲高い音が上空からしてきます。 よ~く見ると小さなラジコンヘリコプターが飛んでいる!? 何だ何だ? 一路、その方向を目指します。 すると、どうやらここで飛ばしているらしい。 AIR PORT・・・どうやら飛行場のようですね。 せっかくだから行ってみましょう。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

伊是名探検隊!謎ノ物体、直チニ探索セヨ!

おいおい!何か見えてきたゾ! 島の外周をノロノロと原付にて走行中、思わず止まった探検隊。(オッサン1名) ??? なんか訳わからんな~。 ・・・・そして探検隊はさらに近づく。 デカッ! んで、これ何!? 数分後、探検隊はこの謎の物体へとアクセスできるルートを発見。 直ちに探索を開始するのであった。(注…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ササ~・・・ドン引き

伊是名島で1件だけあるレンタカー会社。 自転車も原付もそこでしか借りられないのです。 僕が借りに行った時には車は全台配車済み、自転車は残り1台だけ。 GW中ということもあり、書き入れ時のようでした。 そこで今回の足として原付をお借りし、早速島内探訪に出掛けます。 港のすぐ脇の小さな展望所から海を見ます。 何とも天気が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フクギに囲まれ・・伊是名集落

伊是名のフェリーターミナルから民宿まで・・島の風景を眺めながら送迎の車で参ります。 そこで感じた印象は「フクギが多くて、この季節はその緑が美しいな」というものでした。 伊是名集落にある民宿に到着し、宿の建物をしっかり見る前に眼前に広がるそのフクギの道をパチリ。 お昼直前の島の強い日差しを受け、葉がくっきりと道に影を落としていま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ハブのいない島初上陸

古宇利島を過ぎ、ニュー伊是名は一路進路を北に取ります。 デッキは故郷に帰る人と観光客が入り混じり、結構混んでおります。 左手に見えるはタッチュー。 伊江島です。 航路の半ばまで来た時には、ずっと海を眺めていました。 青空から陽が差していることもあり、なんとも鮮やかな青、いや蒼というか・・碧? 真っ白な波の飛沫…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ニュー伊是名から島を眺めて

運天港にて伊是名行きフェリー「ニュー伊是名」の出港を待っていると、沖のほうから近づいてくる大きなフェリー。 運天港を発着するもう一つのフェリー「フェリー伊平屋」です。 伊是名島のすぐ北に位置する伊平屋島。 まだ未踏の地ですが、そこへも是非行きたいところ。 しかし伊是名と伊平屋ってすぐ近いんです。 でも両島を回ろうとすると、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニュー運天港ニューいぜな

名護バスターミナルから運天港へは止む無くタクシー移動です。 タクシーの運転手さんはなかなか良い人で、GWの沖縄のことや釣りの話など押し付けがましくない程度に話してくれます。 「電話番号教えるから帰る日も良かったら電話してね~、港まで迎えに行くよ~」 番号を教わって降り立った初めての運天港。 そこには立派な建物が立っていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more