テーマ:本島南部

那覇へ帰ります

久高島から高速船に乗ってあっという間に安座真港へ。 帰り際にあの見晴らしの良い橋に立ち寄ります。 ニライカナイへ続いているという久高島のイシキ浜を見た直後のニライカナイ橋です。 ここまで晴れた日に来たのは初めてでした。 この橋の先にあるのが今までいた久高島。 今度久高島へ行くのはいつになるかな~? 後ろ髪を引かれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

間もなく那覇空港に着陸します

那覇空港へ南からのアプローチ。 海を左手に見て高度を下げていきます。 瀬長島を通り過ぎるのは着陸直前30秒前!ってところでしょうか? 誘導灯に導かれるように突っ込んできます。 風が強かったこの日、機体がユラユラしているのが分かります。 水平になるように結構細かく微調整しているんですね~。 JALかな?ANAかな?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

瀬長島

沖縄本島南部グルリと1泊2日の旅。 東京へ帰る前にどうしても立ち寄りたかった場所に向かいます。場所・・・一応「離島」ですね。 那覇を訪れる度に実は気になっていた島なのです。 那覇空港に着陸する寸前、眼下に見える小さな島。 本当に眼下、真下に見えるその島。 「瀬長島」 なんと言っても那覇空港から車でほんの5分圏内。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

行ってみたかったそば屋第2弾!

平和祈念公園・ひめゆりの塔・喜屋武岬と戦争の悲しい歴史を辿って来たこの日。 いくら真面目に戦争の歴史のことを考えていても時間が経てば腹が減る(笑) 前日の首里そばに引き続き、行ってみたかったそば屋シリーズ第2弾! 今回は糸満市のそば屋。 全く土地勘のない住宅街にあるので、ナビを信じきって・・無事到着。 到着したのは2時を回…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

沖縄本島最南端

喜屋武岬。 「きゃんみさき」って変わった名前だな~「きゃん」。耳に残るその響き。 岬の近くにおいしいコロッケ屋もあるとどこかで聞いたような・・・。 という訳で南部に来たからには行かなくてはならぬ場所・・と僕の中ではなりました。 しかしここも戦争の傷跡の残る場所なのです。 細い細い道を「対向車来ませんように・・」と思いつつレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひめゆりの塔

平和祈念公園を後にし糸満市をさらに南下。 ここに来るのも初めてです。 ひめゆりの塔。 手前の小さな小さな石碑。 これこそが「ひめゆりの塔」なのだそうです。 奥にある大きなのは慰霊碑。・・・亡くなった方のお名前が刻まれています。 以下、石碑に刻まれた文章。 昭和二十年 三月二十四日島尻郡玉城村港川方面へ米軍の…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

戦争と平和

「沖縄にはあまり行きたくない。悲しい場所だということを知っているから。」 70歳を超える僕の伯母の沖縄とは、決して明るく楽しい場所ではない。 沖縄に住む人たちは「てーげー」だとか「うちなータイム」だとか言われるが、人の痛みを知っている上での優しさに溢れている。 戦いで命を落としたのは一般人、軍人。 日本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰霊の塔

平和祈念公園。 およそ35ヘクタールのその敷地は広大です。 案内板を見てみると・・・ 日本全国の犠牲者を慰霊する塔が各県ごとにあるようです。 それぞれの塔の名前も考えられているんですね。 はじめに見えたのは栃木県の慰霊塔。 ここから各県の塔を見て行きました。 その土地土地の出身者が、ここにやってきて拝ん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

海と空だけではない沖縄

ついにここに来る時が来たな~。 到着した時にはそんな気持ちでした。 沖縄好きを自称しているからには、ここに来ることは必須。来るべくして来たような気がします。 平和祈念公園 僕はすっかり平和記念公園かと思い違っておりました。お恥ずかしながら・・・。 平成のこの世。 沖縄に限らず日本・世界各地で流れた血につい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奥武島の風景その2

日曜の朝。 天ぷらお目当ての方々もまだおらず、とても静かな奥武島。 港には人も居ず、その前の道も時折車が通るのみ。 鮮魚店や食堂が数件点在するこの通り。 真夏の午後などはどんな雰囲気だったりするのだろう?・・・などと冬の曇天の下考えてみたりして。う~ん、なんかいい感じで「ダレた」空気が漂うのでしょうね。 道のはずれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奥武島~港の風景

人口は約1000人。周囲は約1.6キロ。 この小さな土地にたくさんの鮮魚店が並ぶ海人の島、「奥武島」。 雨の上がった12月の朝。空は曇っておりますがお散歩へと出掛けましょう。 沖縄の漁師町に来ているな~って感じです。 干してます干してます。 このイカは海面を飛ぶイカ。トビイカです。 なんと50メートルも飛ぶこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

民宿おおじま

沖縄本島から橋で繋がっている南城市の奥武島。 奥武島という名の島って結構多いんですよね~。 僕が行ったことがある島だけでも本部半島に1つ、久米島のすぐ横に1つ。 というわけで3回目の奥武島への上陸です。 奥武橋です。奥武島に渡って本島方向を望むとこんな感じ。 今回お世話になるのは民宿おおじまさん。(この島はおうじまなの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

静のハブVS動のマングース

おきなわワールド観光の章も今回が最後です。 玉泉洞・ニヘデビール・スーパーエイサーと見てきて、最後に残るは「ハブとマングース!」 「ハブ博物公園」という名の建物へ、いざ。 入った瞬間、いろんな種類のヘビがニョロニョロ。 特に水槽の中でウミヘビがずっとニョロニョロ何匹も動きっぱなし。 ヘビは得意!ではありませんが、大ッッ嫌い…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

スーパーエイサー

いや~今日、とうとう石垣島の新離島桟橋がオープンしましたね。 八重山毎日新聞の記事などでその様子を見ましたが、地元の方々の期待も大きい様です。 が、これから課題もいろいろ出てくるかもしれないそうです。 待合室の内装は、まるで地方都市の飛行場のようになっているそうですよ! 今日は何度か、石垣島離島桟橋ライブカメラhttp://is…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ありがとうございます:にふぇーでーびる

おきなわワールド観光の続きですよ~。 玉泉洞から地上に出ると、白砂に赤瓦の集落が目の前に広がりました。 赤瓦の古民家は、実際の家を移築したものだそうです。 それぞれの家はお土産屋さんだったり、昔の沖縄文化を体験できる工房だったり。 なかなか賑わっているようです。 そこを抜けて次の建物に入ると、むせ返るような甘い匂い。香…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

鍾乳洞はホントにスゴイ!!

玉泉洞観光中(雨宿り・・・ではない)。 さすがに日本第2位の長さを誇る鍾乳洞。それは見事なモノです。 30万年の年月が創った自然の造形美・・・ですから。 剣山を逆さにした様です。 グサッ!!と刺さりそう。 洞内はかなり水があります。時には池のように溜まり、時には水のように流れ。 歩いていくと、こんな場所がありましたよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

素直に楽しんでみましょうか?

あっ、そうそう。前にこのブログで書きましたが、今回行った南部巡りの旅・・テーマは「ベタ」なのでよろしく。 豪雨に強風。 宿のある奥武島に着いたとはいえ、まだ時間は午後3時くらい。 いくら天気が悪いからといって「ここで今日の行動終わり~」なんて決めてしまうのも、せっかく沖縄に来ているのにもったいないこと極まりなし。 どうします…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あちこーこー

昨年12月の沖縄南部巡りの旅。 この日の宿は南城市の「奥武島」。 ニライカナイ橋から車で南下。少し霞んではいますが、目的の場所が見えて来ました。 あれが奥武島だな!? まだ時間は2時半くらい。民宿に着いて引きこもってしまうのはいかがなものか・・・。 でも雨はますます強くなるばかり。 う~ん、どうしようかな・・・。 ・・…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

絶景!?ニライカナイ橋

初めて沖縄に行った時、なんと一人タクシーで観光しました。 考えてみるとものすごい贅沢で、今となっては信じられない行動でしたね。 そのことは↓ http://ra-menn.at.webry.info/200604/article_4.html ここでも書きました。 その運転手さんに連れて行ってもらったおもひでの場所を今回ま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

神秘のかたち 三角岩

ガイドブックなどでよく見る斎場御嶽のシンボル。 その姿を一度自分の目で見てみたいと思っていました。 三角の穴。大きな岩盤に別の大きな岩盤が寄りかかっているようなその不思議な形。 その姿を初めて・・・見ます。 視界に三角岩が入った時、まずその大きさに驚いた。 そして形の美しさに感動した。 これが斎場御嶽か! 今そ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

斎場御嶽

※今回は神聖な場所の写真を撮りその事を記事にしてUPしますが、沖縄の方々の信仰を少しでも正しく知りたいという気持ちでこの記事を載せます。 決してふざけたりするつもりはありません。 沖縄が大好きだからゆえの僕の旅の思い出を書かせていただきます。 「御嶽は神聖な場所だから入ってはいけない」 八重山を廻っている僕はそのことを何度も…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

どんよりビ~チ!

那覇の市外から南部へとレンタカーを走らせて行くうちに・・・ みるみる雲が分厚くなり、ビュービュー風も強くなり・・・ ハア~、雨男は誰なんだ!!(ひとり旅) でも、自称「ビーチフェチ」なワタクシにとって、せっかく沖縄に来ているのにビーチのひとつも寄らずに帰るのは・・・ということで、知念村のビーチ「安座間(あざま)サンサンビーチ」…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

識名園PartⅢ

では今回は識名園のお庭のお話。 やはり大きな池が特徴です。池を中心とした庭を楽しむ作りですね。 池に掛かる橋が、何か沖縄らしくなく(琉球らしい・・・がどのような感じか解りません)、日本の古都を思わせる美しい姿です。 上のようなコメントを書いた後パンフを読むと、この橋は「橋の中央が高くなったアーチ橋で、中国風のデザイン」だそうで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

識名園PartⅡ

さあ、入ってみましょうか。 ・・・と、その前に。 識名園予備知識 識名園とは琉球王家最大の別邸。国王の一家の保養や外国から来る使臣の接待に利用されたのだそうです。 作られたのは18世紀の終わりごろ。 池の周りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむ「廻遊式庭園」なのだそうですよ。 指定面積は約12,726坪。建物の面積は約1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

識名園PartⅠ

さてさて、2週連続の沖縄本島細切れツアーから帰ってきました。 寒くもなく暑くもなく「今頃東京の人たちはコートとか着込んで白い息ハァ~とか出しているんだろうな。ハッハッハ~♪」なんて思っていたら本日の東京の気温20度って?? はい、今の沖縄は今日の東京くらいの気温です。 てな前置きは良いとして、旅紀をつらつらと始めますよ。 南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄本島南部地域

那覇の『ミナミ』方向をぐるっとひと回りしてきました。 くしくも沖縄タイムスに「今年一番の寒さ!」という記事が載るほど「寒気&豪雨」の只中にもさらされました。 沖縄好きを自負しておりますが、今回の旅は「ベタ」なのです。 歴史的な場所、修学旅行の定番。沖縄観光初心者が行くような場所を僕も「初体験」。 結局「僕自身が沖縄本島初心者…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more