テーマ:黒島

台風一過の八重山

台風で船も出ず、予定が大きく狂った八重山の旅。 3連休初日は那覇と石垣の夜を楽しみましたが、翌日はダイビングの船も出ることになりました。 で、若干うねりはあったものの3本海に潜って参りました。 結果から言うと2本目に潜ったマンタシティポイントで4枚のマンタに遭遇。 この写真は船の上から携帯で撮ったものですが・・・ 実は今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

にーびちさびたん

3月10日、今年二度目の渡沖をしてきました。 目的は自分たちの結婚式でありました。 沖縄・八重山繋がりで結ばれた僕たちなので、挙式も八重山へ。 石垣島のホテルで挙式をすることにしました。 6年前に黒島で妻と出会いました。 お互いが八重山を旅する旅人同士。 同じ民宿に泊まっていたのです。 妻はその時が初めての沖縄でし…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

馴染みの島の沖

八重山の新城(あらぐすく)島・・・ご存じですか? 別名・・というか地元の呼び名は「パナリ」と呼びます。 上地島と下地島という2つの島を合わせて新城島(パナリ)なのです。 現在ほとんど人は住んでいませんが、島内には綺麗な集落もあり(上地)・・・。 もし興味があったらこのログhttp://ra-menn.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

黒島の青い海と白い雲

1日目 石垣島で友人の結婚式出席~黒島へ(夜中まで飲む) 2日目 黒島牛まつりで昼から飲み始め夜中まで飲む 明けて3日目は飲まずに帰る日です。 見事に3日間とも良い天気。 陽気に誘われて友人たちと海辺へ。 もちろん前日の津波警報が解除されたことは確認しました。 黒島を・・というか八重山を代表するシュノーケルポイントの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

池田卓・島仲久 プライベートライブ

チリの地震で津波警報。 午後2時の便で離島航路の高速船は欠航。 天災に予定を大きく乱されることとなった第18回黒島牛まつり。 牛1頭抽選会が終了するとその大半は帰って行ってしまいました。 ガラ~ンと寂しくなった会場。 しかし三線の音が鳴り響きます。 ラフなスタイルでカッコよく三線を引きならし、少ない観客でもとびきりの笑顔…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ある晴れた~昼下がり~

ドナドナド~ナ ド~ナ~ 黒島牛まつりの会場に入って来た1頭の牛。 悲しそうな瞳をしているにはもちろん訳がある訳で・・・。 「みなさ~ん、津波警報発令の影響で高速船は2時以降の便は欠航です!」 南米はチリで起こった大地震の影響で、その日は日本全国に津波警報や津波注意報が出ていました。 ここ黒島も海に囲まれた小さな離…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

牛がギュ~ギュ~大騒ぎ~♪

黒島と言えば人口200人に対し牛2000頭という牛の島。 ここ黒島の黒島牛や石垣島の石垣牛がまだ小さいうちに本土に売られ、その牛が神戸牛や松阪牛に育っていくとう超高級黒毛和牛の生まれる島なのです。 友人の結婚式の翌日はくしくも(かどうかは分からないが)島のビッグイベント「黒島牛まつり」の日なのでありました。 今年は18回め…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

延々つづく離島の祝いの宴

石垣島での結婚式参加者は揃って大移動です。 離島を結ぶ高速船に乗りやって来たのは牛の島・黒島。 民宿にて新郎・新婦を拍手でお出迎え~ 夕方に到着した御一行であります。 そして新郎新婦友人一同、Tシャツ短パン・ゆるゆるパンツなど超リラ~ックスな衣装を身にまとい、バッチリ準備されたテーブルに席に着きます。 民宿の方がちゃ~…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

海の日連休の黒島

先週末は八重山へ。 初日から空は青くて良い天気! 石垣島でダイビングをしてその日のうちに黒島に渡り民宿に泊まります。 ダイビングショップの車で石垣の離島ターミナルまで送ってもらい、案内板をみると・・・ 「黒島便欠航」 八重山観光フェリー、石垣島ドリーム観光、そしてあの安栄観光まで(最近は理由あって無理に船を出さなくなったらしい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シェフのお勧め!黒島の過ごし方・・偉大なるマンネリとともに

何度か来ている黒島。 八重山の中でも「何もない島」と呼ばれることも多いこの島ですが、だからこそ良い所もあり・・。 さて、どこに行こうか? 島巡りをしても大抵行ったことのある場所。 でも良いんです。 何度でも行こうではありませんか! この島にあるのは「牛」と「海」。これです。 牛を眺めつつ海方向へ向かいます。 この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

黒島スナップ(プチ凝縮版)

なんというか・・・ 最近沖縄で写真をあまり撮らないことが増えてきました。 ひと昔前までは・・・「よ~し、これはブログのネタになるぞ~」なんてネタ探しに重きを置いて沖縄探索してきたのですが、最近はカメラを持たずに遊びに行くことすらあります。 特にシュノーケルの時などはもうほぼ持って行かないです。 なんか、そういうものに縛られずに遊…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

青い空の下、さよなら黒島

う~ん、空は青いな~・・。 西の浜から宿へ戻る道。 なんとものどかな風景が広がるんですよね~。 未舗装のガタガタ道を一人歩いている間、この旅をどうするか考えます。 友人は来ない。台風は来る。 明日からの宿はない。 八重山に留まったとしても、多分身動きすら取れない缶詰状態。 ん~・・・・。ハァ。 青空の下、決断しま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

台風前の青い海

バーベキューの翌朝、今日も黒島は良い天気です。 でもでもでもでも・・・・そんなの関係なく、台風情報を見るとやはり進路を八重山に! な、なぜだ~? でもせっかくの黒島。昼前にはいずれにしても石垣島へ戻る予定なので、それまではこの島を堪能しましょう! 朝の1便、2便で石垣へ戻る人もこの日は多かったので、お見送りに行くことにしまし…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

バーベキューの夜

夕方のまだ陽も高いうちにオリオンビールを2本片付け、白いクジャクを眺めて宿へ。 すると、どこかで見た顔がそこに! 「あっ!」 「ああっ!」 他の島で仲良くなった友人がこの日同宿だということが判明です。 「2年半振り~」 「鳩間島以来だね~」 そんな会話でまたオリオンで乾杯。 陽が傾いて来た頃にはもう島酒を飲み始めてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不運/幸運

黒島にはシュノーケルをするのに最高な海岸があります。 何度かこのブログでも書いているのですが「仲本海岸」というところ。 インリーフだけでもお魚天国でサンゴも立派。 アウトリーフに行けばそれはすごいらしい。 実は未だアウトリーフには行けていないのです。(僕が行く時荒天ばかり・・) 伊古桟橋を離れ、その仲本海岸へと移動します。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

伊古桟橋リベンジ

黒島に上陸したこの日。たったひとつだけテーマを定めておりました。 それは、伊古桟橋(なんのことはないただの桟橋・もちろん見学料無料)へ行くこと。 あ~ん?別に簡単じゃん!って感じでしょ? しかしながら前回行った時に美しくない干上がったその姿を見てしまい(大潮の干潮だった)、海がキレイな時にまた来ることを誓ったのです。 過去の伊古…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

夏休み

奄美大島1泊2日の旅の翌々日。 2007年の夏休みIN八重山が始まったのです!! 奄美~八重山。中1日で島から島へ・・。 どうせだったら奄美からそのまま沖縄へ行けば良いじゃん!なんて言われそうですが、仕事の都合上仕方なかったのです。 本当は奄美の初日から夏休み開始の予定で飛行機まで手配していたのですが、どうしても外せない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

直撃・台風15号! 雨男卒業ならず!!

羽田を出発する時はね~、台風なんて無かったんですよ。 那覇空港に着いて石垣行きに乗り換える待ち時間に携帯で天気予報を見てみたら・・ ゲッ!台風出来てる!! どういうことだ?これは!! 前の記事に書いた通り、夏休みを取らせていただきました。 今回も八重山の離島でのんびりと過ご・・す・・・予定だったのですが。。 ♪ピ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さよなら~きむぴしちの島

さて、西の浜でのんびりして今回の黒島に渡った目的は概ね果たしました。 少しサイクリングしてから帰りましょう。 黒島小中学校に差し掛かると・・ 運動会。でも、この日は騒がしくなかったので多分翌日が大会当日だったのでしょう。 離島の運動会ってのも良いものでしょうね~。 そういえばちょうどこの日は鳩間島の運動会の日で、臨時の高速…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ウミガメの浜

黒島には「黒島研究所」という研究所があります。 何を研究しているのかと言えば、メインはウミガメ。 子ガメを飼育し、放流もしているそうなんです。 なんと言っても正式名称は「特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会附属黒島研究所」と言うのだそうで。 そんな黒島にはもちろん、ウミガメが産卵にやって来る浜があります。 その名は西の浜。 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

黒島仲本アウトリー・・いやインリーフ

すっかり時間が経ってしまいました。 1週間以上更新しないとはあまりにもサボり過ぎでした。 しかも前の記事には<つづく>とか書いておきながら・・。 という訳で<つづき>です。が・・・ 黒島・仲本海岸でシュノーケリング。 インリーフにもサンゴが結構あって「結構楽しめるな~~」と思っていたのですが、そろそろドロップオフに群がる魚…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

仲本インリーフ

なかなか実現しなかった仲本海岸でのシュノーケル。 ついに実現の時がやって来ました。 インリーフからスタートです。 イノー(礁湖)の中、岸からほんの少し泳いでいっただけなのに・・サンゴがありますね~。 気軽に安全にこのサンゴを楽しめるのは楽で良いな~。 普通はサンゴがある場所まで結構遠かったりして、泳いでいくのも疲れてしまっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

石敢當で曲がって海へ行く

暑い~~。 セミがすごい~~。 ・・でも南国にいることを実感~~。 でもやっぱりあづい~~。 気だるい感じの黒島の午後。 ここは島の中心の集落。 東筋(あがりすじ)という名の集落で東筋という名の道。 沖縄で唯一「日本の道100選」に選ばれているのがこの道です。 でも、選ばれた当時はこの道も未舗装だったのです。 今は…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

桟橋 2度目 3度目 本当は4度目

観光スポットって・・・・う~ん、特に無いって感じなんですよ。 前回行ったけど・・・・う~ん、また行こうかな~。 黒島の旅はそんなテーゲーな感じで行動します。 前回の記事では黒島灯台にリピート。 そして今回は桟橋にリピートです。 海に続くガタガタ道ってすごく好きです。 開けてくる景色に対しての期待が大きく膨らんでいく感じが…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

灯台 2度目

黒島の灯台の記事を書くのは2度目です。 前回行った時のことを書いたことがあるのですが↓ http://ra-menn.at.webry.info/200604/article_8.html その時にはかなり天気が悪かったのですよ。しかも歩いて行って激疲れしてしまったのであります。 しか~し、今回は晴れ!移動手段は自転車! …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

牛の島の青い空と白い雲 

新離島桟橋を出発した高速船は石西礁湖と言われる珊瑚地帯を進みます。 石垣島でも十分きれいと感じた海の色が、さらに輝くようなブルーに変わった頃、今回の日帰り離島に到着です。 その島は人口220人。 そして牛が2000頭。 八重山の中でも「マイナー」と言われることも多い・・・ 「黒島」 です。 僕は上陸3度目。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

溜め息をついてもどうしようもないが・・・

今回はただの愚痴です。あしからず・・・。 心の優しい方のみお聞きくださいね。 本当は今日あたり宣言するつもりでした。 「オッサン、八重山に旅立ちます!」と。 ハァ~。 どうにもならないです。 ひと月ほど前に予定した夏休み。 11月10日に那覇入り、18日に東京戻りの極上の沖縄満喫ツアー。 一応上司にも宣言して…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

伊古桟橋

この道を抜けるとどんな視界が開けるのだろう? ・・そんな期待を胸に手で自転車を押して行く。 初めて行った黒島で、わくわくの気持ちを心地好い方向へ開放してくれた海に続く道。 でも、その海にはさらに道が続いていました。 海の中に続く道・・・のような桟橋。それはひたすらにまっすぐ伸びていました。 …
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

さよなら~別れの港

現地滞在約26時間。1泊2日の黒島。 終始悪天候に見舞われ、1秒たりとも姿を見せてくれなかった八重山のティダ様。 しかし今回のおもひでは「人」「出会い」だったんでありますな。 それはそれは「ズッシーンと心に残るおもひで」でありましたですよ。 最後の昼食も宿のみんなと同じ店へ。 「やきそば」「ヤシガニスープそば」を食べな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保慶海岸へ

黒島散策、お昼ごはんは宿のみんなと「うんどう屋」に行くと決めていたので、一度宿に戻らねばなりません。 お昼まではまだ多少時間があるので、西の浜からの帰り道は舗装されていない外周の道を歩くことにしました。 途中、同行の西ちゃんと「食生活の話」や「仕事の話」をしながらてくてくと歩きます。 のどかな道では、牛がムシャムシャお食事中!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more