テーマ:粟国島

粟国島学習看板

離島名物・・・とまでは行かないか。 でも意外とどの島にもある学校やPTAが作った学習看板。 御多分に漏れず粟国島にもございます。 ではそのいくつかを今回はご紹介。(暇ネタだな?とか思わないように・・) 大事ですよ!あいさつ。 この島ではあまり人に出くわさないこともあり、ちょっと細い道に入ればみんながあいさつしてくれ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

洞寺・・・てら?

洞寺と書いて「てら」。「洞」の部分はどこへ?? それはさておき、ここは島の外れ、海沿い手前にあります。 大きな建物が建つような所謂「お寺」ではなく、その正体は・・・。 門の下から海が見える。晴れていれば絵になります。 門をくぐればそこには境内・・・は、ありません。 海方向へ下っていく道が続きます。一体どこへ!? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

集落風景PARTⅡ

緑の中の集落。そんな印象の濃いこの島。 前回に引き続き、写真スナップPARTⅡです。 島の目抜き通りにある巨木。 1箇所め 立派でちょっと難解な感じの木。 その対面にあった・・・ 2箇所め これもなかなか立派。 子供達がこの木の前を元気に走って行きました。 そんな子供達をいつも見守っている木。 緑…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

味のある集落

「粟国で一番印象に残ったのはどこ??」 なんて質問をされたら迷わず 「集落の佇まい!!」 と答えます。 今回はそんな粟国の素敵な集落写真PART1です! 緑あふれる美しいフクギ並木。 なかなか集落に溶け込んでるでしょう?というよりは溶けすぎて建物が見えなくなっちゃってます。 とても落ち着いた雰囲気。 本当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粟国イチの景観・・・のはず。マハナ展望台

梅雨時の沖縄の天気など天気予報通りになることなどなく、一日の間に「曇り」ベースがありながら一時「晴れ」たり、かと思えば思い切り「雨」が降ってきたり。 「晴れ」と「曇り」と「雨」が三位一体攻撃を気まぐれに仕掛けてくるようなもの。 今回の粟国滞在時も天候には振り回されたのですか、ここに行く時は晴れて欲しかった。 それが「マハナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粟国島の動物特集~!

良いところですよ。粟国島。 島に咲き乱れるアカバナー。どこに行っても咲き誇っています。 でもこれがですね・・心なしか・・デカイ!! 気のせいなのか?と初め思いましたが、やはりデカイ。様な気がする。 実際に行って確かめてみてくださいね。 では、粟国動物特集~~♪♪ とは言っても何か特別珍しい動物が出てくる訳…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

社長さん!いいんですか?

粟国の塩。 その塩は粟国の綺麗な海水から自然を利用して丁寧に作られていました。 最後の製品化、袋詰めも人の手で。 沖縄の離島であまりオートメーション化されてても引いちゃいますが・・。 丁寧に人の手間掛けてます。そんな温か味のある塩。 塩作りの工程をひと通り見終わって、さあ、帰ろうか・・・なんて思った瞬間…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

粟国の塩

前回からの続きです・・・ 建物の中に入るとそこにはまるで竹ボウキのようなものがたくさん天井からぶらり。 この建物は「採かんタワー」といい、ポンプで汲み上げた粟国の海水を何度も竹に流して循環させる施設だそうです。 1週間以上かけて塩分濃度を6~7倍に濃縮させるのですね。 常に竹の上からは塩水が流れ落ちる・・。 ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社会科見学

島の端にそびえるあの建物。ポツンと建っている割にでかいのが2つ。 なにかのテレビで見たことがある。 廃墟でもない廃屋でもない何かへんな建物。 近づいてみると意外と高い。 建物の下に行くとマイクロバスが数台停まり、カメラをぶら下げたおじちゃんおばちゃんがワンサカと。ムム?どうみても観光客。この離島になぜ??…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

飲み物求め粟国空港

島を自転車でグルグル廻っているうち、持っていたさんぴん茶の500ミリペットボトルを2本とも飲みきり・・・ 駄目です。喉がカラカラです!! 集落内には点々と自動販売機があるものの、一歩集落を出てしまうと・・・ない。全くない! ガイドブックを見ると近くに粟国漁港が。もしかしたら自販機あるかも・・・。 人っ子一人いません。もち…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

粟国の海

粟国にやって来る観光客の大半はダイビングのお客さんなんだそうだ。 ものすごいギンガメアジの大群を見られるということで、本島のダイビングサービスもここまで足を延ばすことがあるという。 この日同宿だったカップルは那覇在住の「うちなーんちゅ」だったのですが、ダイビングをするために1泊2日でやってきたと言ってました。 フェリーで来てそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナビィの恋

「ナビィの恋」 中江祐司監督の長編映画第2作。 ナビィ(平良とみさん・・・ちゅらさんのオバア)が60年越しの恋を実らせるというのが大枠の流れ。 ナビィの夫を演じる登川誠仁さんが、ひょうひょうとした歌声で妻のナビィの駆け落ちをとても優しく見守るのです・・。そんな登川誠仁さんに泣けるストーリー。 音楽も素晴らしいのです。 撮影地・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フェリー粟国

長期留守にしましたが、帰って参りました。 ではでは仕切り直して・・・6月3~4日・粟国島1泊2日旅行紀と行きましょう!! 朝6時40分の羽田発の飛行機に乗らなくてはいけないというのに、前日夜に八重山仲間と泡盛を飲んでしまい、荷造りして寝たのが2時。そして5時に起床というおバカっぷりを発揮しつつ、二日酔いで飛行機に乗り込み無事那覇…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

粟国旅行記開始です…が

1泊2日粟国旅。 帰って参りました。 「落ち着く~~~!!」 これが全体を通しての島の感想です。 上から見ると沖縄らしくない風景なものの、 一歩集落に入れば・・・ 緑色濃いフクギ並木に 美しい赤瓦。 昔ながらの沖縄の離島の匂いを残しています。 次回からその濃密な空気いっぱ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ナビイの島に

明日行ってきます。 1泊2日。 朝6時40分羽田発。 翌日夜20時00分那覇発。 行く先は粟国島。 ①塩 ②そてつ ③ナビイ とまりんからフェリーで2時間。初上陸です。どんな感じかは今ひとつ分かりませんが・・・。 今回も良い出会いがあることを祈りつつ・・・。 では、出発!!
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more